豊中市岡町のむらやま整骨院・整体院

痛みを取り除き根本治療を目指します。交通事故治療、産後の骨盤矯正や骨格矯正も行なっております。

sub_main

ホームむらやま整骨院スタッフブログ ≫ 暑い時には麦茶を・・・。 ≫

むらやま整骨院スタッフブログ

暑い時には麦茶を・・・。

0000559412.jpg

なぜ夏場は麦茶なのか

 

 

毎日毎日暑すぎますね。

 

むらやま整骨院がある、大阪府豊中市は本日は38度を超えて、日本の中でもかなり暑くなっております。

 

昼休みに車に乗った際に外気温を見たのですが、40度になっていました。

 

豊中市では標準の気温を計るところは伊丹空港にあるのですが、コンクリートの道路上の方が暑くなっているんでしょうね。

 

ほんとに熱中症には気をつけなければいけないなと思いました。

 

 

さて、本日の記事は「暑い時は麦茶を・・・。」ということで書いていきたいと思います。

 

昔から夏場になると、テレビなどでは、麦茶のコマーシャルが増えると思います。

 

冬場には麦茶の宣伝を見る機会はないのではないでしょうか。

 

ではなぜ、夏場になると、麦茶を売り出すのだと思いますか?

 

「昔から日本では麦茶をのむから?」

「なんとなく夏場は麦茶?」

 

あまり明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。

 

 

なぜ、昔から日本では麦茶を夏場に飲むのかが、答えになりそうですね。

 

まず、日本で飲まれるお茶の種類を大きく2種類にわけると、「茶葉から抽出するお茶」か「穀物から抽出するお茶」にわけられます。

 

「茶葉から抽出するお茶」の代表格は緑茶があります。

 

緑茶には「カフェイン」という成分が含まれていて、利尿作用があります。

夏場には外気温が高く、体温調整のためによく汗をかきます。

人間の体の中では、カリウムとナトリウム(塩分)がバランスよく保っていて、大量の汗や、排尿をすると、血中の塩分濃度が上昇し、むくみやすくなります。

 

 

「穀物から抽出するお茶」の代表格は麦茶ではないでしょうか。

 

麦茶には緑茶には入っていない、「カリウム」という成分が多量に含まれています。

さっき書いたように人間の体の中では、「カリウム」と「ナトリウム(塩分)」がバランスよく保っていて、大量の汗や、排尿によって、塩分濃度が上がり、むくみやすくなると書きましたが、麦茶には「カリウム」がたくさん入っているし、緑茶には入っている、利尿作用の強い「カフェイン」は入っていません。

なので麦茶を飲むことによって、水分の補給と、カリウムの補給が行われるために、夏場に飲むのには、非常に適した飲み物だといえます。

 

また、大量の汗をかくことによって血液はドロドロになります。

麦茶にはこうばしい香りの成分である「アルキルピラジン」という成分も含まれていて、「アルキルピラジン」の効果は血液をサラサラにする作用があります。

あとは、胃の粘膜を保護する成分もはいっています。

 

あまり、聞きなれない成分ばかり説明してもしんどいと思いますので、これくらいにしておきます。

 

 

 

結論

 

夏場に飲むのには緑茶は利尿作用があり、ミネラルの不足に陥りやすいことから、ミネラル分が豊富に入っている、麦茶を飲むということです。

 

血液がドロドロになると、血栓ができやすい状態になり、脳卒中や、心筋梗塞の原因にもなります。

麦茶には血液をサラサラにする効果もありますので、脳卒中や心筋梗塞の予防にもなります。

 

カロリーもほぼありませんので、がぶがぶと飲みすぎない程度にとればいいかと思います。

 

塩分の補給はできないので、ヤカン一杯に対し、一つまみ分のお塩を入れると、より効果的な飲み方となります。

 

今日も最後までお読みになってくださってありがとうございます。

 

体調管理には気をつけてください。

 

骨盤が歪んでいても、しんどくなりやすいので、気になった方はここまで

  • むらやま整骨院・整体院
  • 〒561-0085
     大阪府豊中市岡町8-11-101
  • TEL:06-6848-3787
  • 営業時間/8:30~12:30、15:00~20:00
  • 定休日/土曜午後、日曜、月曜の祝日
  • 院概要はこちら

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2019 (3)

モバイルサイト

むらやま整骨院スマホサイトQRコード

むらやま整骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!