豊中市岡町のむらやま整骨院・整体院

痛みを取り除き根本治療を目指します。交通事故治療、産後の骨盤矯正や骨格矯正も行なっております。

sub_main

ホーム ≫ むらやま整骨院スタッフブログ ≫

むらやま整骨院スタッフブログ

暑い時には麦茶を・・・。

0000559412.jpg

なぜ夏場は麦茶なのか

 

 

毎日毎日暑すぎますね。

 

むらやま整骨院がある、大阪府豊中市は本日は38度を超えて、日本の中でもかなり暑くなっております。

 

昼休みに車に乗った際に外気温を見たのですが、40度になっていました。

 

豊中市では標準の気温を計るところは伊丹空港にあるのですが、コンクリートの道路上の方が暑くなっているんでしょうね。

 

ほんとに熱中症には気をつけなければいけないなと思いました。

 

 

さて、本日の記事は「暑い時は麦茶を・・・。」ということで書いていきたいと思います。

 

昔から夏場になると、テレビなどでは、麦茶のコマーシャルが増えると思います。

 

冬場には麦茶の宣伝を見る機会はないのではないでしょうか。

 

ではなぜ、夏場になると、麦茶を売り出すのだと思いますか?

 

「昔から日本では麦茶をのむから?」

「なんとなく夏場は麦茶?」

 

あまり明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。

 

 

なぜ、昔から日本では麦茶を夏場に飲むのかが、答えになりそうですね。

 

まず、日本で飲まれるお茶の種類を大きく2種類にわけると、「茶葉から抽出するお茶」か「穀物から抽出するお茶」にわけられます。

 

「茶葉から抽出するお茶」の代表格は緑茶があります。

 

緑茶には「カフェイン」という成分が含まれていて、利尿作用があります。

夏場には外気温が高く、体温調整のためによく汗をかきます。

人間の体の中では、カリウムとナトリウム(塩分)がバランスよく保っていて、大量の汗や、排尿をすると、血中の塩分濃度が上昇し、むくみやすくなります。

 

 

「穀物から抽出するお茶」の代表格は麦茶ではないでしょうか。

 

麦茶には緑茶には入っていない、「カリウム」という成分が多量に含まれています。

さっき書いたように人間の体の中では、「カリウム」と「ナトリウム(塩分)」がバランスよく保っていて、大量の汗や、排尿によって、塩分濃度が上がり、むくみやすくなると書きましたが、麦茶には「カリウム」がたくさん入っているし、緑茶には入っている、利尿作用の強い「カフェイン」は入っていません。

なので麦茶を飲むことによって、水分の補給と、カリウムの補給が行われるために、夏場に飲むのには、非常に適した飲み物だといえます。

 

また、大量の汗をかくことによって血液はドロドロになります。

麦茶にはこうばしい香りの成分である「アルキルピラジン」という成分も含まれていて、「アルキルピラジン」の効果は血液をサラサラにする作用があります。

あとは、胃の粘膜を保護する成分もはいっています。

 

あまり、聞きなれない成分ばかり説明してもしんどいと思いますので、これくらいにしておきます。

 

 

 

結論

 

夏場に飲むのには緑茶は利尿作用があり、ミネラルの不足に陥りやすいことから、ミネラル分が豊富に入っている、麦茶を飲むということです。

 

血液がドロドロになると、血栓ができやすい状態になり、脳卒中や、心筋梗塞の原因にもなります。

麦茶には血液をサラサラにする効果もありますので、脳卒中や心筋梗塞の予防にもなります。

 

カロリーもほぼありませんので、がぶがぶと飲みすぎない程度にとればいいかと思います。

 

塩分の補給はできないので、ヤカン一杯に対し、一つまみ分のお塩を入れると、より効果的な飲み方となります。

 

今日も最後までお読みになってくださってありがとうございます。

 

体調管理には気をつけてください。

 

骨盤が歪んでいても、しんどくなりやすいので、気になった方はここまで

社員旅行??

毎日暑い日が続きますね。

 

熱中症には気を付けてくださいね。

 

さてさて、皆さんは7月14、15、16日の連休はどうされていたでしょうか?

 

豊中市岡町のむらやま整骨院は14日は午前中はいつも通りお仕事でしたが、15、16日は連休をいただいていました。

 

むらやま整骨院では毎年社員旅行に行くのですが、今年は人数も増えたし、毎年旅行に行くのは社員だけなので、前回のミーティングの際に、家族も連れて、みんなでどっかに行きたいねと言う話になり、今年は日帰りで、海でBBQと魚突きをして、子供も連れてみんなで遊びに行こうとなりました。

 

場所は京都府の舞鶴に決定し、僕は飲み物担当で、緑丘の院長が食べ物の買い出し、岡町の院長のY先生は当日早く行って、設営と、自分の楽しみである、魚突きをするといことになりました。

 

私達後発組は10時半くらいについたのですが、先発組のY先生は6時半には到着し、設営を終えた後、すぐに潜ったらしいのですが、たぶんこないだの大雨のせいだと思うのですが、視界が1メートルもなく、まったく見えない状態の中でも、小さな石鯛をとって、さばいて刺身にしてくれていました。

 

大人8名、子供4名の総勢12名のBBQは楽しかったです。

 

また来年も行けたらいいなと思いました。

 

いつも頑張っている社員や、それを支えてくれている家族にちょっとでも還元できればうれしく思います。

 

おかげで昨日はバテバテだったのですが、子供は本当に回復が早いみたいで、昨日も朝からどこかに連れて行けとうるさかったです。

 

皆さんも、暑いので疲れをためすぎないようにしましょう。

 

あまり疲れをためすぎたら、体の不調が出てきて、なかなかとれなくなってしまうので、なるべく早めにご来院いただき、疲れをためる前にちゃんとケアをするようにしましょう。

 

疲れがたまりすぎると、骨盤もかたよってしまい、ずれが大きくなることが多いです。

 

前回も書きましたが、骨盤がずれていても痛みが出ない方もいっぱいいるのですが、もし痛みが出てしまうと、なかなか取れないことが多いので、早めの受診で、この酷暑を乗り切れる体を作っときましょう。

 

まだまだ、夏は始まったばかりです。

 

体調に気をつけ、楽しく夏を乗り切りましょう。

 

豊中市岡町 むらやま整骨院 村山武士

雨の日は・・・。

0000510789.png

代謝が上がらず、疲労を感じやすい


梅雨も終わろうというのに、大阪は朝から大雨で、幼稚園の娘は警報のため休みになって、今日は、パパについてきて、治療所についてきて、お手伝い(??)をしております。


さてさて、雨の日は体調がすぐれないという方が多いのではないでしょうか?

なぜ雨の日は、痛みがよくわかるというのは、なぜなのかわかりますか??






答えは・・・・。






「わからない」




「わからない」これが答えです。


雨の日に、古傷が痛むとか、関節が痛いなどの「痛み」を訴える患者様がよくいらっしゃいます。

なぜ、雨の日にそのような「痛み」が出るのか、科学的な根拠は、まだまったくわかっておりません。


世界中の科学者(その専門の科学者)が日夜研究されていても、「なぜ、雨の日に、痛みを訴える人が多いのか?」を科学的に回答できた人は、まだおりません。


しかし、「痛み」を訴える方は現実問題、多いです。


むらやま整骨院に来院される患者様にも「痛み」を訴える方は多いです。



当院に来院されている内科の医師との、たわいもない話の流れのことでした。

医師
「先生のところに来院されるている患者様にも、雨の日、症状がひどくなったり、よくわからない痛みを訴える患者様っていてる?」


「なんか理由はあまりわからないですが、いっぱいいてますね」

医師
「やっぱり多いよね。内科にもいっぱい来院するわ」


「何が原因なんですかね?」

医師
「先生はどう思う?」

ここまでが、たわいもないたわいもない流れの中からの話です。

もちろん患者様である医師も、「なぜ、痛みを訴える患者様が多いのか」を、科学的に説明した論文がないことは知っています。

ここからがさっきの話の続きです。


「昔から医療業界で言われる、気圧とかの関係ってあるじゃないでしょうか」

医師
「やっぱり、先生もそう思う?私もあると思うんやけど」


「脳外科の先生の講演を聞きに行った時に、雨が降る時は気圧はさがり、その急激な気圧の変化で自律神経の働きが悪くなり、不調を訴える患者が増えるんじゃないか。
と、いった話をされていた時に、なるほどと思ったことがありました。

自律神経は、交感神経と副交感神経の調節を行っていて、交感神経と副交感神経がバランスよく働かなかったら、一時のパニック状態に陥ります。

低気圧状態の時には、副交感神経が交感神経に対し優位に働き始め、人間は興奮状態の交感神経優位の時より、痛みを感じやすくなりなす。

だから、普段はわからない痛みが、、よくわかるようになるんじゃないですか」

医師
「先生の言うとおりやと思うわ。私もそう思うんやけど、科学的な根拠がないから説明しずらいねんなぁ。あと、交感神経とか、副交感神経とか言うても、普通の患者さんはわからへんしなぁ。」


こんなやりとりがありました。




私は昔から患者様に「なんで雨の日になったら、痛みがでるん?」と聞かれたら、「気圧の関係ですね」と、答えていました。

交感神経とか、副交感神経とか言われて、わかる患者様もいるはずがありませんので、「気圧の関係」としか言ってなかったんですが、今回の医師との会話で、ちゃんとわかりやすく説明しようと思いました。

副交感神経が優位にはたらくと・・・。


ここからは副交感神経が優位に働いた時に、痛みがわかりやすくなることについての説明です。


ちょっと難しい話になりますが、ついてきて下さいね!!




副交感神経が優位に働くと、「なぜ、痛みが出現するのか?」


普段は、あるはずの痛みが、単純にわかっていない状態なだけだとおもいます。

自律神経がうまく作用し、交感神経と副交感神経がうまく働いている状態の時は、痛みは感じにくくなります。

特に交感神経が優位に働いている状態というのは、興奮している状態をあらわし、ある意味、痛みをほとんど気にならない状態です。

副交感神経が優位に働いている状態というのは、リラックスしている状態で、よく痛みを感じます。

人は、交感神経と副交感神経の働きがバランスよく働くのですが、低気圧の時に副交感神経が優位に働く状態が続くと、痛みが感じやすい状態が続きます。


普段は、あるはずにの痛みがあまり感じず、雨が降ると痛みが出現するというのは副交感神経が優位に働き続け、本来わからなければいけない、「痛み」が出現するのではないでしょうか。


そして、臨床の現場で働いている自分が思うのは、患者様が「雨が降って痛いというところは、施術している自分からしたら、その患者様にたぶん痛みが出ていてもおかしくはないと、思っているところ」ということです。

普段は筋肉の緊張や、骨盤の歪みや、歩行の姿勢などを複合的にみて、診断しているんですが、特に骨盤に歪みがある患者様が一番わかりやすいと思います。

骨盤が歪んでいても、普段は痛みが出ていない患者様はいっぱいいてます。

なにかあった際に、痛みが出現し、来院される患者様が多いです。

また、来院されてされている患者様でも、、骨盤を矯正して途中の方などは、雨が降った際の「痛み」を訴える患者様が多いように思います。

普段から、痛いみの出ないからだを維持することが、一番重要なんじゃないかとおもいます。



今日のまとめです

◎雨が降って痛みが出る場所は、雨が降ったから痛みが出たのではなく、普段から
 痛みがあるはずなのに、わかっていないだけ

◎普段から痛みがわかっていない場所でも、熟練の施術者はみればわかるということ

◎痛みがない状態でも、しっかりと施術を受け、隠れている痛みはちゃんととっておくこと




痛みがなくても、どんな「痛み」が潜んでいるか、わかりません。

どこか、心に残ったら、豊中市岡町のむらやま整骨院までご相談ください。

ご連絡・お電話はここまで

ご好評につき、期間延長!!

根本改善施術が2回4980円!!


こんにちは。

岡町にあるむらやま整骨院の院長の村山武士です。

今朝は早朝からワールドカップ日本代表対ベルギー戦をテレビ観戦していて、、、。

とて残念な結果でしたが、胸を張って帰ってきてくれたいいと思えるような内容でした。

感動して、少し泣いてしまいました。


さてさて、日本代表日本代表あ残念でしたが、むrやま整骨院では、先月から、10周年記念といたしまして、通常1回¥3800の根本改善施術が、2回¥4980(初回のみ)のキャンペーンを行っていました。

とてもご好評いただいていたので、7月14日まで、期間を延長することを決定しました。

根本改善施術とは・・・


当院の根本改善施術とは、例えば、首が痛いと来院された患者様を問診や検査などをしていくと、首に「痛み」という「症状」をだしているのは、「骨盤の歪み」が「原因」だった。

こんなことが、普通によくあります。

当然、患者様は「首が痛い」という「症状」を治してほしいと来院されるのですが、「原因」は「骨盤の歪み」だった場合、首にアプローチしてよくなると思いますか?




答えは・・・・・。




そうです。


当然「原因」である、「骨盤の歪み」に対しアプローチし、改善していかなければ、絶対に「首の痛み」という「症状」はとれません。



こんなケースがありました。


68歳の女性が、首が「何か原因がわからないが痛い」と整形外科を受診。

整形外科でレントゲンを撮ってもらい、診断された結果は、「骨には異常がないので、加齢からくる、疲労ですね」と言われ、処置は、シップと痛み止の処方で様子を見てとのことでした。


その後、1週間しても痛みが引かず、当院を受診されました。

問診では、首が痛くなるようなことをした、思い当たることはなく、姿勢の分析と、徒手検査で骨盤の位置を確認したところ、左の骨盤が歪んでいるのがわかりました。


患者様に説明し、「首が痛い」のは、「左の骨盤の歪み」が原因であり、首には筋肉の緊張があるが、骨盤の歪みを正していけば、首の痛みは取れますので、骨盤周りの筋肉に対しアプローチし、その後、首に対しての動きをつけるためのアプローチをしていくことを伝え、施術しました。


この患者様は半信半疑で施術を受けていたようですが、15分位の施術で、骨盤の歪みが取れ、そして、あまり首に対してはアプローチしていないにもかかわらず、施術後には、1回で首の痛みが取れた。

さっきまで、あまり動かなかった首がスムーズに動く。
痛くない!!

と、感動されていました。

このようにこのように、本当の「痛みの原因」がどこにあるのかを特定し、その「原因に対してのアプローチ」をしなければ、「症状」である「痛み」は取れてきません。

当院の根本改善施術は、「本当の原因」にフォーカスし、根本から体をよくしてくことを目的にしています。

その場だけのマッサージでの気持ちよさだけでは、体は、なかなか良くならないと思っています。

どこに行ってもなかなかよくならなっか方は是非一度この機会に、自分自身の体を見つめなおしてみなせんか?

気になった方は、豊中市岡町のむらやま整骨院まで
http://murayama-seikotu.com/

6月30日までです!!

根本改善施術1回3800円が初回のみ2回お試し価格で

なんと4980円で施術を体験できます。

体験と言っても、
「さわりの部分だけしか、しないんじゃないの?」
「どうせ、手を抜いてやるんでしょ?」
「2回だけど、その後の営業をいっぱいされるんでしょ?」

など、不安もあると思いますが、

「本気で施術します」

これしか言えません。

症状は個人差が大きいものですので、各患者様に対し、オーダーメイドの施術メニューを組みますので、患者様一人ひとり違います。

当然、施術時間も違ってきます。

ですが、結果だけにフォーカスすることにしているので、症状の改善はできると思っていただいて、結構です。

自信がなければ、こんな強気なことが言えるでしょうか?

当院では、根本的に体を改善させ、「症状」である、「痛み」「だるさ」などを改善することを目的としてやっています。

腰が痛くても、原因は股関節にあったり、首が痛くても、原因は足にあったりします。

その原因をちゃんと良くしなければ、「痛み」や「だるさ」がでているところが、よくなることはありません。

しっかりとした問診や検査で原因を追求し、その原因を治療して、痛みを根本的に改善していく。

当院の施術はそれを目的とし、患者様の生活の質を上げていくお手伝いをできればいいなと思っています。

期間限定になりますので、お早めにご連絡ください。


むらやま整骨院
06-6848-3787
豊中市岡町8-1-101(岡町商店街アーケード内)
 

地震!!

6月18日の地震は怖かったですね!!!

むらやま整骨院には海水魚を飼っている水槽が2個あるんですが、中の海水が溢れてしまった位の被害ですみました。

大きい水槽の横のウォーターベッドに海水がかかってしまい、少しの間動かなかったけど、2日間経ったら、普通に動き出したので、「ホッと」しました。

実家が高槻市で、両親のマンションはほぼ何も被害はなかったのですが、おばあちゃんの家が空き家になっていて、その家が無茶苦茶になっていました。

倒壊はしていないのですが、中の物の散乱と、壁にも亀裂が入っているみたいです。

僕は行っていないのですが、両親が行ったらひどい有様だったようです。

僕自身は災害のための用意は完璧にしているのですが、皆さんも一度見直してみてはいいんじゃないでしょうか。

最後に、亡くなられた方のご冥福と、まだまだ被災し、避難所で生活をされている方の一日でも早い「通常の生活」の回復を祈っています。

余震もまだまだありますので、皆さん気を付けてください。

根本改善施術が・・・2回¥4980!!!

通常1回施術費用が¥3800の根本改善施術が、なんと6月30日まで2回¥4980で、お試し価格で施術を受けれることとなりました。

ちなみに、根本施術を初めて受けられる方のみとなります。(初めてじゃない患者様には、ほんとすみません!!)

当院の根本施術とは、しっかりとしたカウンセリングを元に、一人ひとりにあった施術を提案していきます。

まず、カウンセリングでどの部位に原因があって、痛みや、不調が出ているのかを聞きだし、さまざまな検査の結果を元に、原因部位の特定を行います。

そして、原因部位へのアプローチとその部位と、ともに協力して動かす筋肉などに、アプローチをしていき、原因から痛みを取り除いてきます。

例えば、首が痛いと訴えられて来院されたとしても、検査等を行うと、原因は骨盤の歪みにあるといったことがよくあります。

そんなときに、患者様が訴えている、首に対してアプローチをしても、いっこうに、首の痛みは消えません。

骨盤に対してアプローチをしないと、首の痛みは絶対に取れないのです。

当院では施術経験15年以上のベテランスタッフが、カウンセリング、検査、施術までを行い、施術後の効果を実感していただけると、思っております。


是非この機会に一度、当院の根本施術を受けてみてください。

・どこの整骨院に行っても、よくならなかった。
・シップを毎日貼って貼ってるが、痛みが引かない。
・痛み止の薬を服用しているが、よくならない。
・整形外科に通っているが、治療効果に満足できない。
・以前はほっといても治っていたが、なかなか良くなってくれない


上記に当てはまるような方は一度ご連絡してください。

当院が、お手伝いできることがきっとあると思っています。


お電話おまちしております。
06-6848-3787
むらやま整骨院
豊中市岡町8-11-101(岡町商店街のアーケードの中です)

花粉症🌸

こんにちは!!むらやま整骨院の院長の村山武士です。

​最近は急に暖かくなり、桜も咲き始めましたね。
この勢いで咲き始めると、入学式には散っているのかなぁ( ;∀;)

​入学式には桜が似合うので、もってあげて欲しいです。

​さて、桜が咲く時期と言えば、天敵の「花粉症」が出てきて、しんどい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

調べによると日本人の約4分の1の人が、かかっているとも言われている花粉症ですが、あなたはだいじょうぶですか?

​アレルギーの原因となる花粉の種類には何種類かがありますが、この時期から出てくるのは「杉」と「ひのき」が多いと思います。

​ちなみに北海道にはあまり「杉」が少ないため、「杉」が原因の花粉症患者は少ないらしいです。

​花粉症とは「自己免疫疾患」の中の一つで、「アレルゲン」に対して自分の免疫が過剰に反応してしまって起こる疾患です。

症状として「目のかゆみ」「鼻水」「鼻づまり」「くしゃみ」などが主な症状として出てくるものが多いです。

対処法としては早い時期(関西では2月上旬頃)から花粉は飛び始めるので、その2週間前くらい、各個人にあった対処を始めるのがいいと言われています。

​今は服薬や、注射などを早い時期から処方してもらうことによって、お薬の「総量」を抑えながら、症状を抑えることができるみたいですね。

根本的に「自己免疫疾患」の「花粉症」を「治す」ことは現在の医学では無理です。

​あくまでも、症状を抑えて、その場をやり過ごすことを目的として、お医者さんから「薬」などが処方されています。


では、むらやま整骨院では「花粉症」に対して、何ができるのか・・・・。



症状を抑えるのは、お薬でするとして、二次的に被害を受ける、「寝違い」や「ぎっくり腰」の対応となってきます。

​先ほども書きましたが、花粉症の症状は「目のかゆみ」「鼻水」「鼻づまり」「くしゃみ」がほとんどです。

​「鼻水」や「鼻づまり」を何とかしようとすると、「鼻をかむ」だったり、「鼻をすする」だったたりをします。

​「鼻をかむ」「鼻をすする」という行為は、「大きく息を吸う、吐く」という行為をしているのですが、「大きく息を吸う、吐く」という行為を行うには、首や肩、腰周りまでの「筋肉」で行います。

​同様に「くしゃみ」という行為は、大きく言えば「腹筋」を良く使って行います

​では、「花粉症」の方はこの時期に毎日その行為を何回も行います。

​そうすれば「筋肉」は使い過ぎの状態になり、最後には、「寝違え」や「ぎっくり腰」となってしまいます。


一年間の中で、「寝違え」「ぎっくり腰」の患者様を​診るのは、この時期が一番多いです。

​「花粉症」は治せません(現在の医療では。もちろん治そうと、色々な研究者が日々研究していますが・・・)。


​症状である「目のかゆみ」「鼻づまり」「鼻水」「くしゃみ」はお医者さんに薬を処方してもらって、抑えましょう。

​しかし、すべての症状を抑えることはできないので、症状が出ていれば、二次被害の「寝違え」「ぎっくり腰」を予防するために、骨盤矯正や、マッサージなどで、「筋肉」を「いい状態」にしてこのしんどい時期を乗り切りましょう。

​最後に、自分でできる最大の予防は、やっぱり「マスク」です。

​外出時は必ず着用しましょう。

花粉症には、
​1、お医者さんに「薬」で対処
​2、整骨院で「寝違え」「ぎっくり腰」の「二次被害の予防」
​3、自分で「マスク」で予防。
​この3本立てで、この時期を乗り切って下さい。


​むらやま整骨院 院長 村山武士

勉強会!!

こんにちは、むらやま整骨院院長の村山武士です。

先日の3月18日(日)に堺市での勉強会に参加してきました。

最新の物療器を併用した、手技療法の施術の勉強会でした。

色々な勉強会に参加することがありますが、自分にとって、当たりの勉強会もあれば、あまり身にならない勉強会もあります。

今回の勉強会は当たりの勉強会でした。

あまり詳しい内容は書いても難しくなるだけなので、書きませんが、むらやま整骨院の患者様を診る方法としましては、全体を診て、悪い部分を特定していき、痛みの出ている部分を治していくという方法をとっています。

例えば、「手首が痛い」と言われ来院された患者様の痛みの原因は、本当は肩にあったり、腰にあったりすることがあります。

「手首が痛い」という症状は、結果であって、原因ではなく、原因を治さなければ、本質的な痛みは回復しないと思っています。

その原因を探し出せるのが私達「プロ」であり、その診断ができないのが「アマチュア」であると考えます。

原因がわからなくては、絶対に痛みはとれません。

治すことは
整骨院の先生ならあたりまえですが、本当の原因を治せてこそ「プロ」だとおもいます。

症状の「手首が痛い」ということばかりを診て、その症状のみをなんとかしようとすることを否定することはありませんが、「本当の原因」を治した方が、いいのではないでしょうか。


何かよくわからないことを書いているようですが、先日の勉強会では、症状をなおすための原因を追究し、そこを治療することによって、結果、症状がよくなるという考えで施術されている先生だったので、とても共感でき、また、自分のやっている施術スタイルの自信にもなりました。

まだまだ勉強する勉強することも多いですが、患者様のためになるように、研鑚を続けていきたいと思います。

むらやま整骨院 村山武士

今回も!!

おはようございます。本日はあいにくの雨ですね。

​豊中市岡町のむらやま整骨院の院長の村山です。


​前回(3月14日)は中学校でしたが、、むらやま整骨院のある豊中市の公立の小学校は本日が卒業式になります。

​卒業生、ご家族、関係者の方々、本当におめでとうございます。


​むらやま整骨院にも、少年、少女がけがをして良く通っています。

​本日卒業する子供達の中にも、当院に通院していた子供もいます。

​サッカーでケガをして来院する子供が一番多かったですが、違うケガで来院していた子供もたくさんいてます。

​本当に小さな頃から見ていた子供もいてるので、卒業という節目はすごくうれしくなります。

​昨日も本日卒業する小学6年生が来院して治療していました。

「明日卒業式やろ?」と聞くと、「そうやで!!」とそっけない返事でしたが、少しお兄ちゃんの顔つきになっていて、小さいころから見ているので、なんかうれしくなりました。

​小学校を卒業し中学生になるとやる事も多くなり、忙しくなると思いますが、頑張ってほしいと思います。

​開業し約10年がたち、色々な子供を小さなころから見ているので、その子供たちがどんどん成長していく姿をみれるのは、とても嬉しく思います。

​中学生になり部活などの運動をしていると、身体の急な成長にあわせて、自分の思っている動きと、成長のスピードが合わずに、ケガが増えてきます。

​ケガをしたらきっちりと治し、リハビリをし、また競技に戻り、頑張る。

ケガはいいものではありませんが、だんだんと競技のレベルが上がれば、ケガも増えてきますので、きっちり治し、楽しくで競技がきるようにしましょう。

​だんだんと大人なっていく子供たちをこれからも見守っていきたいと思います。

本日は本当にご卒業おめでとうございます。

​むらやま整骨院 院長 村山武士


 
  • むらやま整骨院・整体院
  • 〒561-0085
     大阪府豊中市岡町8-11-101
  • TEL:06-6848-3787
  • 営業時間/8:30~12:30、15:00~20:00
  • 定休日/土曜午後、日曜、月曜の祝日
  • 院概要はこちら

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2019 (1)

モバイルサイト

むらやま整骨院スマホサイトQRコード

むらやま整骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!